NY&と猫の健康

NY& style NY&life

室内で暮らす猫ちゃんにとって、お部屋は世界そのもの。
心身ともに健康でいてもらうために、猫の習性に目を向けてみましょう。

木登り大好き!高いところでくつろぎたい!

木などの高いところに登り、敵から身を守ったり獲物を探したりしていた野生の習慣からか、猫は高いところを好みます。
また、「登る」という行為自体も好きなので、上下運動のできる場所を用意してあげましょう。
運動不足解消にもつながります。
NY&は猫の登りやすさにもこだわりました。
おしゃれなインテリアにたたずむ猫、写真映えだってばっちりです。

狭いところも大好き!だって落ち着くんだもん!

敵に見つかりにくいということから、狭い場所にいると安心できるようです。
人間の手の届かない狭い場所もいくつか用意してあげましょう。
特に無防備になる睡眠時は、1面より2面、2面より3面に囲まれた場所を好むみたいです。
NY&自体にもトンネルのようなスペースがありますし、壁や他の家具との組み合わせで新たな隠れ家も作れます。

狭くて高い場所、できれば窓際にもほしい!

窓から外を眺めるのが好きという猫は多いようです。
退屈するを防いだり、気分転換になったり…
また、日光のあたる場所でお昼寝をしたがるので、窓際のうたた寝スペースも確保してあげてください。
NY&は窓にかけて置くのも◎
植物だってよく育ちますし、NY&フック(オプション)に風鈴を下げるのも素敵ですね。

若いうちは必要だけど、歳をとったら危ないの…

骨や筋肉を鍛えるため、若いうちは上下運動のできる場所が必要。
でも、猫だって年齢とともに体力は低下します。老猫は高い場所からの転落などの危険が高まるので、キャットタワーの撤去、スロープや柵の設置などを考えてみてください。
NY&はキャットタワーでもあり人間が使える家具でもあります。
猫が登らなくなった後でもゴミになることはありません。

CAVE SHELFなら、蓋(NY&ブタ)の開け閉めで猫の立ち入りスペースやルートの緩急を調整することができます。
高いところに登らせたくない子猫や老猫期、たくさん遊ばせてあげたい成猫期と、猫のライフステージに合わせて家具を変化させることができるのです。


CAVE SHELF
NY&はキャットタワーでもあり人間が使える家具でもあります。
猫が登らなくなった後でもゴミになることはありません。

CAVE SHELFなら、蓋(NY&ブタ)の開け閉めで猫の立ち入りスペースやルートの緩急を調整することができます。
高いところに登らせたくない子猫や老猫期、たくさん遊ばせてあげたい成猫期と、猫のライフステージに合わせて家具を変化させることができるのです。


CAVE SHELF